レディ

刺激がない化粧水で潤いアップ:ビタミンC誘導体でケア

保湿配合石鹸の魅力

洗顔する女の人

セラミド配合がおすすめ

洗顔する際、洗顔料を使うのが一般的です。洗顔料には大きく分けて洗顔フォームと、洗顔石鹸の2種類があります。肌への刺激を考えるのであれば、洗顔フォームより洗顔石鹸がおすすめです。洗顔フォームには肌への刺激となる、合成界面活性剤が多く含まれています。敏感肌や乾燥肌という場合、この合成界面活性剤が刺激となり、洗顔で肌トラブルを起こすケースがあるのです。一方、洗顔石鹸には天然由来のものは含まれていることはあるものの、合成界面活性性剤は含まれていません。合成界面活性剤を含まない洗顔石鹸は、肌への刺激が少ない洗顔料と言えるでしょう。ただ、一般的に洗顔石鹸は洗顔後、肌にツッパリ感を感じる事が多いようです。これは洗顔フォームより、保湿成分を含まない洗顔石鹸が多い事が原因です。乾燥肌や敏感肌という方が、洗顔石鹸を購入する際はしっかり保湿成分を配合した商品を選びましょう。セラミドを配合している商品は、水分のキープ力に優れているのでおすすめです。

マイルドな洗浄力のものを

洗顔石鹸を選ぶ際は、マイルドは洗浄力の商品を選びましょう。洗顔料は洗浄力が高ければ高い程、美肌になれるというイメージがあります。確かに、洗浄力の低い洗顔料だと洗顔しても、毛穴の中の皮脂や汚れが残ったままとなってしまい、ニキビや黒ずみといった肌トラブルの原因となるのです。ですが乾燥肌や敏感肌にも関わらず、洗浄力がとても高い洗顔料を選んでしまうと、肌に必要な水分や油分まで洗い流してしまいます。すると、どんどん肌の乾燥が悪化したり、バリア機能が低下して敏感肌の症状が進むので注意しましょう。洗浄力がマイルドな商品であれば、毎日洗顔で使い続けても肌に必要な水分や油分を摂りすぎる事もありません。洗顔石鹸を選ぶ際は、含まれる保湿成分の他に洗浄力もチェックしましょう。