レディ

刺激がない化粧水で潤いアップ:ビタミンC誘導体でケア

吹付け式の化粧法

メイク道具

フェイスカラーが使えます

エアブラシでは、色々なフェイスカラーを使ったメイクが出来ます。一番よく知られているのが、ファンデーションを用いたベースメイクです。エアブラシを使用すると、通常よりも整った仕上りが得られます。ファンデーションの肌への密着度も高くなり、崩れにくいメイクが出来るのがエアブラシです。チークやアイシャドウなどのカラーメイクでも、エアブラシは活躍してくれます。このようなパーツメイクでは、量の調節が必要です。エアブラシについている金具を適宜用いることで、ピンポイントで吹付けられます。ほぼパーフェクトな仕上がりとなるのが、エアブラシでのパーツメイクです。デリケートな部分に刺激が少ないのも、このアイテムの良さと言えます。

陰影がつけられます

プロのアイメイクでは、微妙なグラデーションをつけるテクニックがあります。こういったグラデーションで活用されているのが、アイシャドウです。ただ素人の場合には、美しいグラデーションをつけることはかなり難しくなります。色が偏ってしまうなどのトラブルが起こりやすく、プロの仕上りには程遠いのが現実です。本来高度なテクニックが必要となるグラデーションは、エアブラシを利用すれば簡単です。調節の技をマスターすることで、素人でも十分にグラデーションの陰影が作れます。アイシャドウはもちろん、小顔に見せたい時のチークづかいでも重宝するのがエアブラシです。立体感のある表情に仕上げたい方には、エアブラシでのメイクが適します。